*

フォントサイズ変更

home お問い合わせ


トップ  >  支部長挨拶
旭陵同窓会 関西支部長 阿部紀一郎
 関西支部総会は2022年9月4日(日)、50名の参加を得てホテルグランヴィア大阪で3年ぶりに開催されました。下関本部より木下会長、判野幹事長、山田校長の来臨を仰ぎ、東京支部から神鳥当番幹事も駆けつけていただきました。また、前田下関市長からはビデオメッセージをいただきました。
 講演会は寺川奈津美さん(78期 元NHK「ニュース7」、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」気象担当キャスター)に3年越しで登壇いただき、「令和時代の気象予報とのつきあい方」と題してお話をいただきました。意外と誤解している天気予報の知識をクイズを交え、近年の異常気象の仕組みについてや地球全体の総降水量の変化などといったむつかしい質問もたくさん出る中、親しみやすく和気あいあいの時間を過ごしました。当日まさに接近中の台風11号の動きや、年々増加している線状降水帯については質問が多数出るなど興味を引きました。「虹」の発生予報は夢があるね、と虹のメカニズムや何時何処に出るかの話がありました。会の終了後、会員の一人からは「帰り道に虹を見た」との連絡を受け、まさにタイムリーな講演となりました。
 コロナ禍による社会の変化、マスク・ソーシャルディスタンス・テレワークは、三年目に入り、日常の風景は変化を遂げました。リアルに触れ合わない人間関係は歴史上重大な変化で、人の感性にも影響を与えるように思います。
 そんな中での関西支部総会「リアル」開催は、人間のオーラと呼ぶべきか「温」「圧」「気」を感じることが出来た久しぶりの機会でした。互いの無事を確認し、皆さん相互の活躍に自分を奮い立たせることが出来た貴重な会となりました。
 懇親会はグランヴィア大阪さまのご提案ご協力のもと、コロナ前の半数を定員にした広々とした会場、円卓にはピザのカット様のアクリル板での仕切り、食事は一人一人へ配膳される形式といたしました。校歌斉唱も着席したままと感染症対策の工夫が凝らされたものでした。詳しくは、関西支部のWEB SITEをご覧ください。
 昨年、一昨年は行政の動向やマスコミ報道に振り回され開催の可否すらなかなか決まらずやきもきしました。今年は早々に「行政による行動制限等が無ければ開催する前提で準備は抜け漏れなく行う」との方針を立て、すっきり臨むことができました。一方で各方面への問合せ、依頼、工夫などを行い「どうすれば実施できるか」を探って、ぎりぎりまであがいた二年間はよい経験になりました。その際に「準備の姿勢を応援している」との言葉を多数いただいたことには大変勇気付けられました。
 今後もどのような「普通」が待っているかわかりませんが、 旭陵同窓生として状況把握と変化への機敏な対応、不屈の意思を示し続けようと強く思った次第です。
 変わらぬご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2022年9月吉日
旭陵同窓会関西支部
支部長 阿部 紀一郎




旭陵同窓会 旭陵同窓会関西支部 下関中学校・下関西高等学校
Copyright 2005-2014下関西高旭陵同窓会 関西支部 All Right Reserved.